ブログ

2015年8月

2015年08月20日

大阪でインプロワークショップを開催します!

ザヒーさん(日座育史さん)のインプロワークショップが大阪産業創造館で10月10日(10:30~16:30)に開催します。

インプロとは、即興演劇のことです。事前打ち合わせも台本もない中で、その場でその瞬間に演劇を作っていくためのトレーニングの手段として、インプロゲームと呼ばれるさまざまなアクティビティが作られてきました。

それらのインプロゲームは、その一方で、コミュニケーション力を高めたり、創造性を発揮したり、チーム作りに役立ったりといったように、演劇人以外の一般の人々にとっても、ヒューマンスキルやスタンス向上にも役立つことがわかってきて、今では世界各国でインプロを応用したワークショップが開かれています。

今回は「コーチ、ファシリテーター等前で話する機会のある方向けに作っていただいています。」
教育者の方にも是非お勧めします。

突然の思わぬアクシデントに対応出来たり、今まで数多くされてる方は自然と身についてしまったクセに気づいて直すこともできます。
台本通りにはいかない、何が起きてもその場から創っていく。
人が与えるインパクトって非言語の部分が非常に大きいです。

今回の大阪は5時間の充実した内容を組み込んでもらっています。
沢山学びや気づきがありますので是非ご参加下さい。

コーチ、ファシリテーター以外の方も興味がある方は是非ご参加ください!

ザヒーさんのインプロワークショップ!

2015年08月13日

他人を通して自分を見ている!

こんにちは、自分開放コーチ 井澤満美です。

よく出会った人は自分であるとか、その人が鏡になって自分を映し出してくれるとかいいますよね。

周りにいる人が自分?

何のことだろう・・・

最初は思っていました。

NLPなどを学んで気づいたことがあります。

例えばブログとかで沢山いい言葉を毎日書いている人。

私は毎日素晴らしいこと書いて「この人は素晴らしいことを書く人だ」って周りから見られたら、よい言葉を書き続けなくてなくてはいけない。 人間だから色んな感情があるだろうに素晴らしい人であり続けるって自分で自分を苦しめることにならないのかなあと感じてしまいます。

でもこれってその人は周りの人が自分の言葉で元気が出てくれたり、感動してくれることが喜びで、書き続けるのがしんどい、そのスタイルを保ち続けるのが苦なんてきっと感じてないと思います。

これが私なんです。

私がよい言葉を書き続けたらきっとしんどくなるんです。

自分のスタイルを決めてしまうのが嫌なんです。

素敵な言葉も書きたいけれど、弱音も吐いたり自分に素直でいたい、作った自分は好きでないと私がそう感じているんです。

人を見て感じることはやはり自分視点で見てしまっているからやはり

他人を通して自分を見てるんですですよね~。

皆さんも周りにいる人に色んな感情を抱いていると思いますが、それが自分なんだという視点で一度考えてみてください。

そこから何か気づきがあるかもわかりませんよ。

自分の思い込みは普通になってしまってますがちょっとよく考えてみたら違った見方が出来ると思います。

そうしたら人間関係が変わったり、楽になることも。

自分を見つめ、開放してみてください!

自分開放のお手伝いはコーチングでもさせていただきます。

是非、お問い合わせお待ちしています!